スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】  この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
曇り空の浜松旅行
今回はグルービー同期のリズムメンバー
ごん、しーたけ、サクと共に南へ行きました。

最初の予定はアバウトに海、伊豆方面。
雨混じりの嫌な天気、初っ端渋滞。
東京から出るのに物凄い時間がかかった。

何とか渋滞を抜け
海が見えた頃には雨も止んでいて、早速浜辺へ。
遠くには黒い雲と共に江ノ島が見えました。
雨のせいで波は少し激しめ、
砂浜に立っていたら波に襲われ、ズボンが濡れました。
靴は幸いサンダルだったので助かりました。

再び出発、腹が減ってきたので夕飯を探し、
今回は海辺ってことで海鮮丼をいただきました。
ウニがめちゃ美味しかった!

で、その後はすぐ近くにあった温泉へ。
シャワーが壊れていたり、
1箇所でお湯を使うと他の蛇口からお湯が出ないといった
困ったところではありましたが温泉そのものは良かったです。

そして一行はそのまま浜松へ向かいました。
伊豆の山道へ入って行くと、
途中で山頂近くに進む道を発見。
登って行くととても綺麗な夜景が見渡せました!
その場所で当初の目的、ミクシィのコミュのトップ画像撮影。
何枚取ったのだろう???
1時間くらいやってた気がします。
月明かりが良い感じだったな。

その後はバイパスに入り、
途中道の駅で車内にて就寝。1~2時間の仮眠でした。
再び起床、ひたすら浜松、浜名湖に5時ごろに到着。
近くの公園にて駐車。再び就寝。


3時間くらいして起床、8時過ぎ。2日目スタート。
曇り空ときどき雨の微妙な天気。
とりあえず朝食探し。
浜名湖周辺で探すも中々店は無く…
…っていうかまだ早すぎて開いてない(汗)
そういえば浜名湖にはクラゲとかヤドカリがいた。

結局朝食は店が開くまで待つ感じになり。
その間に館山寺へ。
浜名湖を一望できました。
山道を散歩し、良い感じに汗をかいたところで朝食。
サクのマグロが氷っていたのは笑えた。

お腹を満たした我々は竜ヶ岩洞(りゅうがしどう)へ。
中は本当にヒンヤリしていて半そででは寒かった!
でも自然の造形美は本当に美しくて思わずため息。
綺麗でしたなぁ。
出た後にミカン酢ドリンクと鮎の塩焼きを頂きました。
前者は健康的な味(すっぱい)、後者は骨が痛かった(笑)

その後は伊豆方面へ帰りながらウナギ屋探し、昼食ですな☆
ごんさんが「先に温泉!!」っていうのを3人はガン無視して
ウナギ屋へ行きました。
う~ん感想としては…とりあえず美味しかった♪
食い終わってからはひたすら伊豆へ東進。
宿もサク、しーたけの手腕で何とかGET!

宿に行く前にスパみたいな温泉へ立ち寄りました。
温泉が建物の上にあり、景色が良かったです。
いろんな種類の湯もあって満足!1000円は安いね!
そして夕食は温泉近くの花月!!
ホント笑える選択だったと思う。

そんなわけでニンニク臭くなって宿へ到着。
ごん、しーたけにクレープを奢っていただく。
美味しかったよ☆ありがとうねー!!
そしてお風呂、貸切状態!
露天は温度高め。長湯はできませんでしたな。
でも凄い速さで流れる雲を眺めながら湯に浸かれて気持ちEかった。


翌日はとてもよく晴れていました!
明け方には海が太陽の明かりを反射し、
輝いていてとても素晴らしい景色を見ることが出来ました!
そして8時ごろ宿を出ました。

昼過ぎには家に着かないといけなかったので
何処にもよれませんでしたが、
海沿いをずっと走って帰るのは本当に最高でした。
運転していたのであんまりしっかり見れなかったのが悔しい。

朝食はすき屋。
これには萎えましたが、
何とか昼過ぎに家には着くことができました。
今回の旅行もずっと運転で疲れたけど楽しかったです☆
余談ですが…
スポンサーサイト
【2006/09/10】  この記事のURL | おでかけ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
温泉です☆
サークルOBのKさん、
それから後輩のO、H、W氏らとともにHの別荘へ行きました。

コンセプトは旨い物を食う温泉巡りの旅。
初日はKさんの地元のウドン屋で食事。量が多かった。
その後ゲーセン、1時間くらいして秩父方面へ出発。
夜8時ごろH氏が温泉を発見。
多少分かりにくいとこにありました。

温泉には電気が無く、外の街灯の灯で湯に浸かりました。
これはこれで良い感じ。
少しヌルイ湯でしたが、ゆったりしました。
この日は何だかんだで結局北本に戻りエスポで就寝。

エスポを朝5時過ぎ出発。
結構寝不足な感じ。

赤城山の温泉へ出発。
後部座席の方々はフラットにして横になりながら乗ってたので、
赤城山中のクネクネした道路では横にゆられて大変そうでした。
運転下手で申しわけない。

そんな感じで大沼に到着。少し休憩後に温泉へ。
温泉は物凄い曲がりくねった坂を下りたところにありました。
露天と普通のお風呂があり、H氏とともにまずは露天へ。
黄土色の濁ったお湯でした。
う~んGOOD…って思っていたら「アブ」!!
刺されたら痛い!
この温泉は元々アブが多発する所らしく、
温泉内にはアブ対策に緑の被るネットとハエ叩きがあります。
これを装備してアブと格闘、結局あんまりゆっくりできませぬでした。

それからはH氏と運転交代。
できればもう車の買い替えなので最期まで運転したかったのですが、
体力的に限界、よって交代。
体力が落ちてテンションもガタ落ちの私は
まわりのテンションもガタ落ちにさせながらH氏の別荘へ。
皆様には本当に迷惑をかけたと思います。
ただただ反省。

H氏の別荘の温泉はとてもステキな所でした!
景色も良いし温泉も入り放題。肌もスベスベ!
そのままお泊り。

翌日はH氏一押しのウドン屋で朝食、
舞茸のテンプラがホントにサクサクしていて美味でした。
その後湯の花を見ました。
硫黄クサイけど綺麗だったなぁ。

帰りはほぼ全員金を使っており、
私もW氏に借金。
残りの金をスロットで増やして
夕食は豪華にやろう!って話になり、
スロットへ、代表1人に運命を託し勝負!
これが一番エキサイトして楽しいかった☆

結局帰りはマックチキンとチーズバーガーを1個ずつの食事。
そんな感じで肌がスベスベになった2泊三日でした。
【2006/09/04】  この記事のURL | おでかけ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
合宿前々日だけど…
昨日は朝霞で楽器の練習した後、
そのままK、Sとともに夜の旅に出かけました。

とりあえず最初は荒川を目指したのですが、
途中で目的地を変更、秩父へ向かうことにしました。
あっち面白そう、こっち楽しそうとか迷走していたら、
遠くに明かりを発見、近づいてみるとそれは駅でした。

西武系の路線で、
飯能、池袋方面という看板があってもの凄い違和感でした。
すでに深夜1時回っていたので、駅は完璧に無人。
そこで線路を歩くということを初体験してみました。
「ここ、これは…リアルスタンド・バイ・ミーだぁ!!」
超テンションUPして、アホみたいに写真を撮ってきました。

駅を出発すると完璧に山道になりカーブの連続でした。
しかもすれ違う車はトラックばかり!
相手のライトで前が見えにくい上にカーブでしかも道幅も広くは無い。
もうヒヤヒヤものでした…。
いったい何台のトラックとすれ違ったのだろう?

途中ちょっと休憩に道の駅などに立ち寄りました。
さすがに山の中だけあって空気がきれいで、
星がよく見えました。感動的でした☆

道の駅にあった地図を基に秩父駅へ向かいました。
秩父駅には子宝何とかって書いてあるネズミの像があり、
そこで記念撮影。とりあえず目標は達成!
んで、駅までの道中で見かけた「満願の湯」なる温泉へ行くことに。

看板の矢印の方向へ進んでいくのですが、
店どころか看板も見つからず、
5,6キロ進んだところでやっと「この先1キロ」の看板
すでに諦めムードだったのが一新してやる気モードに、
が、以外とすぐ諦めムードに戻りました。
何キロ進もうとも店が出てこないのです…。
結局「満願の湯」は発見できませんでした。

そのまま長瀞経由で志木へ向おうと意見が一致、
すでに明るくなり始めた空を背景に山の中を走っていきました。
もうすでに出発のときのテンションは無く、
グダーってしていました。

ところが、そのテンションが一気に上がる事件が発生!
ある橋に差し掛かって視界が一気に広がり、眼下に見えてきたもの、
荒川でした。
当初の目的地です。

夢中で荒川の河川敷への道路を見つけ、キャンプ場に侵入。
川のせせらぎが心地よく、
すでに夜が明けた空の青はどこまでも透き通り、
本当に気持ちの良い空間でした。
そこで写真撮ったり、石投げしたり、
さらには持ってきていたギターをSが弾き、
私とKで歌を歌い、録音しました。
本当にヤバイくらい楽しかった!

最後にとても良い空間に巡り合ったを我々は
ものすごい充実した気持ちで家路につきましたとさ。
(途中迷ったりもしたけどね…)
余談ですが…
【2006/08/04】  この記事のURL | おでかけ | CM(0) | TB(1) | ▲ top
僕はそんなに若くない
家の近くの市民プールへ行きました。
お金を払う窓口でおばちゃんに

「あなた高校生?」

と聞かれ、つい

「え?あ、はい・・・」

と答えてしまいました。
高校生以下は入場料が大学生の半額なのです!

って言ってもそこは市民プール。
大人も子供も210円しか値段は変わらないんだけどね(笑)

しかし高校生に間違われるとは・・・
そんな子供に見えるんでしょうかね??私は・・・。
ちょっと複雑な気分だなぁー。
余談ですが…
【2006/07/28】  この記事のURL | おでかけ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
再開 ~後編~
15時30分ごろにGと駅にて集合、王子へと向かう。
電車に乗っている最中もGは仕事内容に関して一切しゃべることは無かった。

王子につくとNがマックで待っていた。
事業説明会は19時からだということなので、
しばらくマックにて話をする。
そこで少しだけ仕事の話を聞けた、
どうやらアフィリエイトに関する業務らしい。
しかしそれ以外は聞き出せなかった。

18時ごろになって説明会会場に移動。
キレイなところで、若いスーツ姿人たちが目立った。
説明会前にGとNが「マジスゲェ人!!」と熱弁していた人物に会う。
日焼けしていて、いかにも遊んでますといった感じの人物であったが、
言葉遣いはとても丁寧で、紳士の空気を醸し出していた。

説明会の内容は以下のような感じでした。
・説明会では「とりあえず凄いシステムなんだぜ!」
 という具体的な内容と一番最後に一口約30万、
 その他月々手数料みたいなのが2100円、
 クーリングオフも20日間あるからOK!という説明。
・30万払うと会社の利益の10%を会員数で山分け。
・1度会員になれば寝てるだけでも収入。
・3世代に渡ってその収入を受け取ることができる。
・会員は3万人限定。
・友人を紹介し、メンバーを増やすとポイントが生じ、
 ポイントによって貰える収入は増える。
・自分が紹介した友人がさらに仲間を増やすと、
 その友人と自分にもポイント加算。

・説明会後どっかの店で座って偉そうな感じの人か説明。
・悩んだり、断ろうとすると「何で?」という繰り返し。
・帰ろうとすると「帰っても何の解決にもならんよ」という
 繰り返し。
・「30万は高い、悩む」と言うと負け犬の考え方と言われる。
・とにかくその場で即決、一度帰って考える時間もくれない。
・結局契約せず、帰ることが許されたのは話し始めてから
 2時間後。

っていう感じだった。

事業の考え方はしっかりしていて成功しそうな予感だったが、
コンテンツはありふれていて、たぶん失敗するだろうという内容。
どう考えても怪しかったので私はとにかく帰る!
という空気を前面に押し出して何とか帰宅することができた。

家帰ってからネットで検索、
確かに信頼しても良さそうな感じではあった。
しかし、会員になっても私は友人に紹介はできないだろう。
30万は高額すぎるし、
友人を売って儲けるみたいな雰囲気を感じたからだ。
友人を紹介しなくても金は手に入るようだが、
本当に微々たるもので、 計算したら現状で年間1万いかなかった。

会社名は株式会社サイバーブレイン、
信頼する人はやれば良いと思うが、
よく注意しながら加入することをお勧めする。
【2006/07/24】  この記事のURL | おでかけ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。